忍阪の四季


忍阪はいわゆる観光地ではないので、集落の中にはお店屋さんは無いし自動販売機すらありません。でもこれが忍阪の良さだと思っています。沢山の方に、忍阪に来ていただきたいと思う反面、観光地化して先人たちが残してきた、景観が損なわれてはいけませんし、そこに住まいする人々との共存を図りながら残して、いかねばなりません。 

忍阪は四季それぞれの良さがありますが特にお奨めは万葉歌人の鏡王女墓のあたりで通称「奥の谷」という場所です。名前の通り両側を山や丘陵で囲まれた谷間で、それこそ何にもない所ですが自然の風合いが、そのまま残っていて風の音や鳥のさえずりを聞きながら時間がゆっくり流れているような錯覚を覚える所です。万葉の世界ってきっとこんな感じかな」?と思わせてくれるとっておきの場所です。

 

尚、この作品は忍阪住民の自主制作品です。(BGMはフリーの音源を使用させてもらってますが他は全てボランティアで作っています。)

忍阪の春


忍阪の夏


忍阪の秋


忍阪の冬